まだ確定ではありませんが、契約を1年延長(14年3月くらいまで)していただけそうな感じです。とりあえず、ほっと一息。

私の基本的なお仕事としては、グラフ印刷ツールのようなツール作りなのですが、他にもいろいろあります。

即興!ツール屋さん

それなりのウェイトを占めるのが、定期的にお客様のところをご訪問して、その場でツールを作るというやり方です。

たとえば、お客様の制御モデルが500個くらいあるとします。お客様はある時、ふと思いました。「うーん、いたるところに割り算ブロックがあるけど、0で割ったりしてないかな?」

上記のようなモデルは、危険ですよね。

一方、こういう風に、定数で割り算しているのであればOKです。

これをぜひチェックしたいと思うわけですが、モデルが500個もあると、手で確認するのは凄く大変です。そこで、私のお仕事となります。

お客様のところを定期的にご訪問していますと、次のような会話がはじまります。

吉武 「こんにちは。今日は、何かアイテムありますか?」

お客様 「実は、0による除算エラーが起きないかチェックしたいんだけど。定数で割り算しているやつは除外して、それ以外の危険な割り算ブロックの一覧作れないかな?」

吉武 「問題ありません。半日くらい下さいね。そこのPC使わせてもらいますよー」

こうして、その日はその場で、危険な割り算ブロック抽出ツールを作ることになりました。MATLABプログラミングでご紹介したようなテクニックを使って、ブロックの前後関係をチェックしつつ、危険な割り算ブロックのみ抽出していきます。

抽出結果をExcelに出力するようにし、その場でお客様のモデル500に適用してやります。そして、ツールとともに出力結果をお客様の席にもって行きます。

吉武 「こんな結果が出ました。危険な割り算ブロックは、ざっと219個ありますねー。これらに対策するとして、全自動修正はムリでも、半自動の修正補助ツールなら作れますよ」

お客様 「そうですか、ちょっと検討しますので、またご相談させて下さい」(こういう場合、だいたい次の私のお仕事になります)

この手の業務は、人手でやると1週間はかかりますが、使い捨てツールを書いてやれば一瞬です。

かといって、そのためだけに業者にツール作成を依頼して、見積もりとって・・・というのはナンセンスです。(それくらいならお客様が自分でやった方がはやい!)

というわけで、定期的に訪問して、即興で何でもやりまっせ!という形態を喜んでいただけているようです。

相談無料

こうやってお客様のPCをお借りして、その場で即興ツールを作っていますと、似たようなタスクをされている作業者の方(お客様の企業の正社員さんだったり、委託の方だったり、いろいろ)が、ちょくちょく相談に見えます。

作業者の方 「吉武さん。ちょっとこういう事をしたいんですけど・・・何かアイデアありませんか?」

吉武 「なるほど。そういう事をしたいなら、MATLABのこういう機能を使うといいですよ。あとは、こういうツールをちょこっと作ってやれば、完璧です」

場合によっては、簡単なサンプルツールを作ってお渡しする事もあります。

こういう場合、別途ノウハウ料金をいただいたりするパターンもありえるのですが、今のお客様に関しては相談無料です。そういうの全部込みの契約になっていますし、なにより私の方が相談にのってもらう事も多々ありますので、お互い様ってやつです。

(実は、MATLABプログラミングは、基本的なテクニックを1から説明しなくても「私のブログの、ここに書いてありますから、宜しければみてくださいねー」で済ませるために書いている面もあります。)

本業のツール作り

半日で作る即興ツールだけでなく、もっと本腰をいれて作るツールも色々やらせていただいていますが、機密のものが多く、ご紹介できないのが残念です。

いちおうこっちがメインで、「即興屋さん」はあくまで副業(?)なので、念のため。