RSS RSS

自動車業界では、MATLAB/Simulinkをベースとしたモデルベース開発が有望視されています。
なぜかと言うと、適用方法によってはそれなりに工数削減や品質向上が出来ると言う事が実証されてきたからです。
一方ではモデルベース開発によって逆に工数が増加してしまうケースもあり、まだまだ課題が山積みです。
これは、ユーザー様にとっては課題が山積みと言えますが、私にとっては仕事のネタが山積みとも言えます。
このブログでは、そういったモデルベース開発に関わっていく中で思った事について書いていきます。
更新日は月曜日+気が向いた日です。連絡先: yositake@smooth-works.net

  • Links

  • Categories

  • Meta

  • Archives

  • SHOW/HIDE NAVIGATION
    4月
    18

    引き続き、VehicleSpyを使ったCAN開発について見ていきます。

    前回のCAN入門(2)では、ECU単体の開発を行うために、CANバスをモニターしたり、CANバスにメッセージを送出したりしました。

    今回は、ECU単体での検証は済んだものとして、実車による検証にフォーカスします。

    CANインターフェースは、スタンドアロン動作もできるNeoVIというデバイスを使用します。

    続きを読む

    4月
    11

    ちょっと予定を変更して、動画を作ってみました。

    VehicleSpyでCANバスモニター&メッセージ送信 (注意:音声あり)

    <どうでもいい話>

    しゃべりながら録画したら、すごくラクかなと思ったんですが・・・めちゃくちゃ時間がかかりました。スクリーンショット張りつつ文章書いてたほうが相当ラクですね。

    かなり荒削りですが、今回はこれでヨシとします。ぼちぼちノウハウをためて行くと、いずれマシな動画が作れるようになるかも。。。

    </どうでもいい話>

     

    4月
    4

    CANを使った開発をする際、開発ツールがあるととても便利です。CANに限らず、通信内容をモニターできるのと出来ないのとでは、開発効率に雲泥の違いが出ます。

    そこで、VehicleSpyというツールを使うと、どんな感じになるのかまとめてみます。

    ちなみにCANツールで有名どころというと、やっぱりVectorさんですね。CANoeというツールなどが有名です。CANoe向けのカスタマイズ案件をやらせていただいた事もありますが、すごく良く出来ているツールだと思います。

    ただ、たまたま別の案件でVehicleSpyを使うことがあり、その関係でVehicleSpyを持っているので、それを使うことにします。(機能的にはぜんぜん不満はなく、技術サポートにも満足しているため、これで不自由は感じていません。)

    続きを読む